赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

お母さんのための夏風邪の予防と対策


夏風邪と言えば、プール熱(口頭結膜熱)とヘルパンギーナですが、このウイルスはアルコール除菌や逆性石けんが効かないタイプのウイルスです。

プール熱 ヘルパンギーナ
流行時期 夏季 夏季
原因 アデノウイルス エンテロウイルス、コクサッキーウイルス
感染経路

飛沫感染(咳やくしゃみなど)
接触感染(タオルの共有など)
糞口感染(おむつやトイレなど)

※プールなど水を介して感染が広がることが多いためにプール熱と呼ばれています

飛沫感染(咳やくしゃみなど)
接触感染(タオルの共有など)
糞口感染(おむつやトイレなど)

主な症状 発熱(38度~39度)、喉の痛み、結膜炎、腹痛、下痢 など 急な高熱(38度以上)、口内の水疱、喉の痛み、食欲低下 など
潜伏期間 潜伏期間:5~7日間
発症:3~5日間
潜伏期間:3~6日間
発症症状:2~4日間

 

夏風邪にかかったら、子どもにうつさない

病院に行っても、解熱剤が出ればいいところ、うがい薬とか、抗生物質(ウイルスには何の効果もありませんが、病気の併発を防ぐとか、患者が薬がでないとうるさいからなどという理由で処方されることがあります)

1.こまめに手洗い、うがいをする
2.感染者とのタオルや食器類の共有は避ける
3.感染者が乳児の場合はおむつ交換のあと、しっかりと手洗いを行う
4.ドアノブや手すりをこまめに消毒する
5.飛沫感染を防ぐために、マスクを着用

手や口だけでなく、目からも感染することがあります。

そして長引かせないように、よく寝る。水分をしっかりとる。

病気で一番怖いのは、弱った体に別のウイルスや細菌が入り込んで複合感染することで、症状が悪化することです。

ネット上の間違い情報

除菌と言えばアルコール。なのですが、プール熱やヘルパンギーナにはアルコールはほとんど効果がありません。
ノロウイルスやロタウイルスど同様に、エンベロープを持たないウイルスなのでアルコールは効果がないのですが、ネット上の作りがしっかりしたサイトでもアルコールで消毒と書いてあります。

しっかりしたライターを使ってよ、校正してと、自分もライターをやることがあるので思ってしまいますね。

いずれにしても、対症療法しかないので、家族でキャッチボールすることは避けましょう。

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme