赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

カンボジアで発生した殺人ウイルスの正体はエンテロウイルス


【カンボジア】カンボジアで生後3カ月から11歳の子ども59人が原因不明の病気にかかり、このうち52人が死亡したという事件が発生しています。

ラサ熱やエボラ出血熱以上の致死率です。

パスツール研究所が調べた24人の患者のうち15人に関して手足口病の病原体として知られる「エンテロウイルス71型」の陽性反応があったということです。

患者は3歳以下の幼児が中心で、多くの子供は入院後24時間以内に死亡しており、症例は同国の南部および中央で発見されたと言うことです。

エンテロウイルス71に感染した場合、他のエンテロウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いと言われていますが、日本では子供がよくかかる病気であまり危ないとは思われていないと思います。

夏季を中心に流行し、汗疹と間違えられやすいのでこれからが要注意の時期です。夏風邪などと言われることもあります。

ワクチンも存在しませんので、予防が第一です。

手足口病だからと放置せず、すぐに病院へ行って適切な治療を受けて下さい。

エンテロウイルスの除菌にもアンチウィルスアクア、細かい霧で効果的の除菌スプレー、是非ご家庭に常備して下さい。

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme