赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

新型インフルエンザ発生! する前にすべきこと


「咳エチケット」
風邪などで咳やくしゃみが出る時に、他人に感染させないためのエチケットである。感染者がウイルスを含んだ飛沫を発することにより周囲の人に感染させないように、咳エチケットを徹底することが重要である。

<方法>
咳やくしゃみの際は、ティッシュなどで口と鼻を被い、他の人から顔をそむけ、できる限り1~2メートル以上離れる。 ティッシュなどがない場合は、口を前腕部(袖口)でおさえて極力、飛沫が拡散しないようにする。前腕部で押さえるのは、他の場所に触れることが少ないため、接触感染の機会を低減することができるからである。

呼吸器系分泌物(鼻汁・痰など)を含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てる。
咳やくしゃみをする際に押さえた手や腕は、その後直ちに洗うべきであるが、接触感染の原因にならないよう、手を洗う前に不必要に周囲に触れないよう注意する。手を洗う場所がないことに備えて、携行できる消毒を用意しておくことが推奨される。
咳をしている人にマスクの着用を積極的に促す。マスクを適切に着用することによって、飛沫の拡散を防ぐことができる。

つまり、インフルエンザが来て騒ぐ前に咳エチケットを身につけておきましょうということ。
それから、咳やくしゃみを押さえた手はすぐに消毒することです。

携帯用のインフルエンザ除菌剤、消毒剤はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme