赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

豚インフルエンザ: 専門家ら、大流行警戒


豚インフルエンザの疑いによりメキシコで60人が死亡したとの報道を受け、厚生労働省は情報収集を始めた。専門家からは人から人へ感染するパンデミック(大流行)を懸念する声があがる一方、季節性のインフルエンザとの見方も出ている。

豚インフルエンザは、A型のインフルエンザウイルスが豚に感染することで起きる。米疾病対策センターによると、1976年に米国で豚から人への感染例が報告されている。通常は人に感染しても軽症でおさまる。ただ、豚は人間と鳥の両方のインフルエンザに感染するため、豚の体内でウイルスが混ざり合いウイルスが変異し、新型インフルエンザとして大流行する可能性が指摘されている。

また、河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「米国で検出されたH1N1型は、人間では季節性インフルエンザのAソ連型として流行を繰り返しており、だれもがある程度は免疫を持っている。感染が拡大しても被害は大きくならないだろう」という発言もあります。

日本では季節はずれにインフルエンザがまだまだ流行しています。

インフルエンザ対策の除菌剤ならこちらで購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme