赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

風邪(かぜ)の予防と治療はオーソドックスに


まずは規則正しい食事と休息を

生活のリズムが崩れている時、体の抵抗力は意外に弱くなっています。

特に女性の場合は、生理中、貧血などの時は風邪をひきやすいものです。

× 寝不足

× 栄養不足(糖質、カルシウムは不足しやすいです)

× 過労

× 生活リズムの乱れ

温かくして、早めにおやすみなさい

かぜの治療は、安静にして体の快復力を高めることが基本。かぜに特効薬はありません。

特に熱がある時の体力の消耗は意外に激しい物があります。

空調に頼りすぎて室温を上げすぎないように、睡眠時の適温は18℃~20℃ぐらいです。

加湿器で感想を防ぎ、換気もしっかりと

夜明けの急激な気温の低下がせきを誘発しますので、室温は保つ工夫をして下さい。

消化が良く、水分の多いメニューを

  1. 温かく、水分が多いメニューの効用は?
    発汗を促し、失われた水分を補給し、痰を切る効果があります。
    番茶、熱いレモンティー、葛湯、おかゆ、スープ、暖めた牛乳など
  2. ビタミンを補給する
    ビタミンCの大量摂取がかぜの症状軽減や、かぜの期間軽減に効果があるという研究成果があります。
  3. 食欲がなければ無理して食べないで
    かぜのときには下痢や嘔吐を起こしやすくなっています。食事は無理して摂らずに、スープなどだけですませてもいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme