赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

O157/の除菌について


O157は除菌してもベロ毒素が残るので、要注意です。

二次感染を防ぐ方法

  • 大腸菌は熱には弱いため、食品は十分に加熱しましょう。(75℃、1分以上の加熱で死滅します。)生野菜などは流水で十分に洗い、調理後の食品はなるべく早く食べきるようにしましょう。
  • 特に子供や高齢者は抵抗力が弱いので、生肉や加熱不十分な食肉を食べないよう、気をつけましょう。
  • まな板や包丁など調理器具は、使用の都度、家庭用漂白剤や熱湯をかけて消毒するよう心がけましょう。
  • ヒトからヒトへの感染を防止するには、調理前や食事の前、トイレ使用後、オムツ交換後に、石鹸で手洗いすることが大切です.

 

O157による腸管出血性大腸菌感染症感染の特徴

  • 主に夏に発生することの多いが、秋口から年末にかけて発生することもある。
  • 多くの場合激しい腹痛を伴う水様性下痢で発症し、軽度の発熱や吐き気、風邪様症状もみられることがあります。
  • 血便が見られることもあり重症例では鮮血を多量に排出します。
  • 子供や高齢者では溶血性尿毒症症候群(Hemolytic Uremia Syndrome ; HUS)といわれる急性腎不全や脳症など重症な合併症を起こすことがあります。

感染経路

  • 経口感染で、菌で汚染された飲食物を摂取することで感染する。
  • 患者から排出された菌が手などに付着してヒトからヒトへ感染する場合があります。
  • 食品を扱う際には十分に手洗いをするとともに、レバーなど食肉はよく加熱し生食は控えましょう。

症状

  • 多くの場合激しい腹痛を伴う水様性下痢で発症し、軽度の発熱や吐き気、風邪様症状もみられることがあります。
  • 血便が見られることもあり重症例では鮮血を多量に排出します。
  • 子供や高齢者では溶血性尿毒症症候群(Hemolytic Uremia Syndrome ; HUS)といわれる急性腎不全や脳症など重症な合併症を起こすことがあります。

治療方法

  • 現在、様々な方面から研究開発が進められておりますが、特に,腸管出血性大腸菌が産生する毒素に対して特異的に結合中和する「モノクローナル抗体」や中和剤の開発が進められています。
  • 脱水症を防ぐため、市販のイオン飲料等で水分を補給する必要があります。少しずつ何度も飲ませてあげましょう。飲んでも吐いてしまう場合は、 早めに医療機関を受診してください。
  • 下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しません。

 

飲食店などでは特に注意が必要

  • 飲食店提供した飲食物が腸管出血性大腸菌感染症の原因となった場合は、食品衛生法に基づいて営業の停止等の措置がなされます。
  • 腸管出血性大腸菌感染症した場合、飲食物の製造、販売、調整または飲食物に直接に触れる業務は就業制限の対象となります。また、その期間は、検便で菌が陰性化するまで(病原体を保有しなくなるまで)の間です。
  • 直接食品に触れることがない業務には携わることができます。

 

(出展:愛媛県立衛生環境研究所
(出展:厚生労働省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme