赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

現在流行中の赤ちゃんの病気(2015年春)


一番確かなのが国立感染症研究所からの発表

2015年はこれ

http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2015.html

 

最近ノロウイルスで不顕性と言って症状が表に出ない人がいるってニュースが流れることがあります。

もともと免疫力が高いと言うわけではなくて、一度かかると免疫ができますが、免疫があると逆に症状がでないことがあります。

あなたがもし不顕性だったら、

知らないうちに家族にうつしてしまうことになります。

ご主人が不顕性だったら、、、

考えたらキリがありませんが

トイレに行ったら除菌剤の習慣をつけておきましょう。

 

1年中心配な病気

病気には流行のピークがありますが、それでも何かの拍子にもらってきてしまいます。

1年中もらいやすい病気

 

夏風邪と言われた、アデノウイルス、プール熱

夏と冬が特に増えて普通の時の2,3倍になりますが、一年中患者さんがいるタイプの病気です

image

 

猩紅熱などと、恐れられことがあるレンサ球菌

学校がお休みの時以外いつでも、どこでもうつってきそうです。

image

ノロ、ロタ、サポなどによる感染戦胃腸炎

夏場は特に減ります。冬は夏の4倍ぐらい患者さんがでます。

しかし1年中患者さんがいる病気です。

 

 

image

 

春の病気

赤ちゃんに多いロタ

去年からやっと分離して集計されています
3月~6月ぐらいが特に多くなります
大人はほとんど症状がでません。

image

春の病気

手足口病

6月~8月にピークになります。今年は多くなりそうな雰囲気です。

image

ヘルパンギーナ

6月~8月がピークです

 

image

 

 

冬の感染症

RSウイルス

冬の感染症ですね。

image

インフルエンザ

ほぼ収束に向かっています

冬だけの病気に思えますね。

image

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme