赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

1分でわかる、お母さんのためのウイルス性胃腸炎(感染性胃腸炎)のお話


ウイルス性胃腸炎って嘔吐、下痢、腹痛が主な症状となる病気です。

ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスは3種類あって、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスがあります。

その違いは見分けることができるのでしょうか?

ロタウイルスは、大人では感染することが少ないウイルスです。なので大人だったらいきなり除外してもいいかも。

特徴としては便が白っぽくなること。発熱があります。発熱はほぼ1日で収まります。

ノロウイルスでも便の色は白っぽくなりますが、真っ白ではない、発熱もないと言うところが大きな違いですね。トイレに行く回数も多くなります。

アデノウイルスの場合比較的下痢症状が軽いのですが熱が高くなりやすく、目が充血したり、喉が痛むことで識別します。

原因のウイルスがわかっても対策は同じです

家族内感染予防対策

家族の中で病気のキャッチボール、お父さん、妹、お兄ちゃん、お母さんで終わったと思ったら、次はおばあちゃんとか。

治療薬や特効薬がないので、水分補給。手洗いとマスクで家族への感染を防ぐ。タオルを分ける。

お母さんは、洗濯物に汚物が付着したらよく水で洗い流してから、患者の物だけを洗濯。

そしてお母さんにうつらないように、マスクをして手袋をして、汚物を流した洗面台もしっかり除菌。

下痢止めは逆効果になるので、飲まない方がいいと言われています。

症状が治まってからが勝負です、1週間は意識的に除菌、予防対策を続けましょう。

99.8%の除菌では除菌したことにはなっていません。これでは普通に手を洗ったのと同じです。

除菌剤がなければしっかり手洗いです。(寒いからと言って手抜きをさせないように)

乳酸菌で感染予防

予防したり、感染しても症状を軽くするためには日頃から乳酸菌をしっかり取ることがいいです。

乳製品にアレルギーがあるなら、植物性の乳酸菌(漬け物や純粋に乳酸菌を培養した乳酸菌生産物質がいいでしょう)

病院へ行ってもらって来ないために

病院へ行って、別の病気をもらって来ることってありますよね。

病院に設置してある除菌剤はアルコールです。しかし、アルコールではウイルス性胃腸炎のウイルスを除菌できません。

ノロウイルスを除菌すると言われるアルコール系除菌剤も、多くの場合は手をこすったぐらいの時間ではノロウイルスは除菌できません。

 

病院へ行ったら、次亜鉛素系の除菌剤でしっかり除菌をしましょう.

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme