赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

アデノウイルスによるプール熱(咽頭結膜熱、いんとうけつまくねつ)


夏かぜの一種です。が、冬にも夏の半分から1/3ぐらいの患者がでます。夏風邪と言われるのは、プールなど感染するからです。

咽頭結膜熱の感染源は?

目やに、糞便、タンなど

感染力は?

かなり強力です。上の子がもらってくると、下の子にうつりやすいです。

症状は?

熱、喉の痛み、目の充血。私は涙目になる風邪と言っています。
赤ちゃんの場合は下痢が目立ったりします。

除菌方法は?

アデノウイルスはエンベロープ(ウイルスのまわりの殻)を持たないタイプで、このタイプのウイルスにはアルコール、逆性石けんは効きません。

同じタオルや洗面器を使うことで感染するので、家族とは別のものを使い、洗濯も別にします。ノロと同じですね。症状が消えたあとも2週間ほどは便や唾液の中にウイルスがいるので、おむつがえのあとにはよく手を洗いましょう。

アンチウイルスアクアのような次亜塩素系がお勧めです。

対策は?

熱は3~4日続きますが、その間の対策はかぜのときと同じ。1週間ほどでなおりますが、のどの痛みが強いので水を飲むのをいやがることも、脱水症状に気をつけて下さい。

読者の体験

赤ちゃんの水分補給にはポカリのストークが最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme