赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策

赤ちゃん安心安全 アンチウイルスアクア

恐怖の人喰いバクテリア! 劇症型溶血性レンサ球菌感染症


レンサ球菌って結構当たり前の細菌ですが、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎などと言われるように

喉が痛くなる夏風邪のような症状が普通です。

 

昔は猩紅熱なんて呼んでいましたが、今は劇症型ではないかぎり、

溶連菌感染症などと言われて風邪と同じ程度に扱われています。

 

しかし

 

最近テレビなどで取り上げられているのは劇症型溶血性レンサ球菌感染症。

劇症型となると国立感染症研究所の発表から見ると、なんと致死率29%。

発病から3日以内に死亡!!

2015年は特に感染者が多くでています。

 

 

 

感染者が増えだしたのは2011年からで、今年は8月9日段階ですでに279人。

感染者には30歳以上の大人が多いのが特徴です。

 

 

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の特徴

初期症状としては四肢の疼痛、腫脹、 発熱、血圧低下などで、発病から病状の進行が非常に急激かつ劇的で…

参考記事(国立感染症研究所の発表)。簡単に言えば初期症状は急にずきずきと痛みがあると言う感じですね。

疼痛前に発熱、悪寒、筋肉痛、下痢のようなインフルエン ザ様の症状がある場合もあることがあるようです。

 

ペニシリンなどの抗生物質が効きますので、早めに病院に行きましょう。

赤ちゃんがいるお家のノロウイルス対策 © 2017 Frontier Theme